文章の書き方



良いホームページの文章とは

管理人が考える良いホームページの条件を下記に記します。
・わかりやすい
・読みやすい
・親しみやすい
・長時間見ていて疲れない
・テキスト量が多い
このコンテンツでは、主にこの5つを駆使して、見に来てくれた人に気持ちよく読んでもらえるような文章作りを紹介していきます。

わかりやすい文章

わかりやすい文章とは、まず文章の解釈を1つにする!ということです。
例えば、「すごく、高い家があります。」と書くと、その「高い」が、「値段」のことなのか「高さ(高低)」なのか勘違いされる場合があります。
自分ではわかっていても、人によっては解釈の仕方が違う場合もあるのです。
そうならない為にも文章は具体的に書くようにしましょう。
例えば、先ほどの例を「地上10階建ての家があります。」と書けば、ほとんどの人は、意味を間違えないと思います。
ただし、具体的な表現をするには「専門知識」がないとできません。
「すごく高い」というのは、ある程度の知識で書くことができますが、「10階建て」というのは、その家のことを本当に知らないと書くことができません。
つまり、わかりやすい文章を書くには、それだけの情報を集め、それを具体的に書くということです。

読みやすい文章

まずホームページの文章とは紙の媒体に比べて、読みづらい(疲れる)というのを理解してください。
その中で、少しでも読みやすい文章を作る為には、まず色使いが大事です。
初めて、ホームページを作るときは、かっこいいサイトをつくりたくて、「黒」や「赤」、「原色」等使いたくなるものです。
ただし、そのような色は、読み手にはとても疲れるんです。
色使いの基本は、背景色「白」、文字色「黒」が基本です。インパクトを与えたい部分や、デザイン性を重視する部分は白黒にこだわらなくても構いませんが、長い文章は白黒にすることで少しでも読み手の負担を軽減しましょう。
「Yahoo!!JAPAN」や「Google」も、そうですね。
よほどの理由がない限り、色は背景色「白」、文字色「黒」にしましょう。

親しみやすい

親しみやすい方法として、キャラクターの活用法があげられます。
管理人は「キャラクター」をだしていませんが、キャラクターをだすことによって、訪問者に親近感・信頼感を持ってもらえる・ 個人の知名度が上がる・ サイトの価値以上の評価を得られることがあります。