アメリカは投資大国



アメリカは投資大国

アメリカは一般人も日常生活の一部として投資を行っている人が多いのです。アメリカ人と日本人との違いは資産運用のやり方を見ても分かります。
アメリカ人は投資のチャンスがあればどんどん投資していく人が多いのです。反対に日本人はリスクを好まない人が多く、投資のチャンスが到来したとしても手堅く資産運用をする傾向にあります。
どちらが正しいというのはないのですが、国民性を覗いてみても投資スタンスが異なる点についてお分かりいただけると思います。
しかしここに大切なデーターがあります。それはお金持ちになるアメリカ人の多くは投資を実行しているという事実です。投資をしないでお金持ちになるのは難しいと言えるかもしれません。
もちろん投資にはリスクがつきものです。安全といわれている国債でもインフレリスクは生じますし、それはお金を預金しているだけの人にも言えることです。つまりお金を持っている限りリスクは常に存在するのです。
お金を効率的に運用していき資産を増やす。この合理的な考え方をアメリカ人は好んでおります。たとえリスクが高いとしてもそれ以上のリターンが期待できるのならば積極的に投資していきます。
私は日本人のやり方を批判しているわけではありません。しかし、アメリカの投資スタンスを見習うのも勉強になるのではないでしょうか?
貯蓄を全く行わないで投資ばかりにお金をつぎ込むのも問題ですが、その反対の行動にも同じことが言えるのです。
過剰資金があるのならばぜひ投資を検討してみてください。