デイトレードでへそくり



デイトレードとは

デイトレードとは、一日のうちに株の購入→売却を完結させてしまう、超短期の株式売買の方法のこと。また、デイトレードを行う投資家のことをデイトレーダーと呼びます。
デイトレードでは、値上がりすると予測した株を買い、少しでも値上がりすれば、すぐにその株を売却して利益を確定させます。デイトレーダーで成功を納めている人は、株価が値上がりすれば、購入後ほんの数分で売却してしまうケースもあります。
デイトレードでは、その株の会社の業績など一切関係なく、株価チャートと「板」と呼ばれる注文気配表だけを見て、とにかく一瞬でも値上がりしそうな気配が見られる株を狙っていきます。デイトレードとは、1円2円の値上がり幅を見逃さず、一回の取引で数千円程度の利益を積み上げていく、意外に地味な売買方法です。
かつての証券業界では、そんな方法で利益を上げたりすることは不可能でした。デイトレードが可能になったのは、インターネット証券会社の登場のおかげです。ネット証券なら、株価の変動がリアルタイムに(それこそ秒単位で)把握できますから、わずかでも値段の変動があれば、買い時・売り時を逃さず売買できるのです。そしてネット証券なら、売買手数料が極めて安く済ませられます。かつての店頭取引なら手数料が高額なので、ちまちま売買して数千円単位の利益を上げていっても、手数料で儲けが吹っ飛んでしまいます。デイトレードとは、言わばネットトレード(ネット証券)が生み出した、21世紀の株式取引のスタイルだと言えます。
2003年以降、B・N・F(ジェイコム男)をはじめとした、デイトレードや短期トレードにより短期間で億単位の資産を稼ぎ出した「カリスマトレーダー」が出現し、投資雑誌やテレビに取り上げられる機会も多くなったことで、デイトレーダーは社会的に一定の認知を得つつあります。
あなたも目指せ億マン長者!!
どんな人に向いている?

デイトレードの特徴

デイトレードの特徴としては下記があげられます。
・資金効率
デイトレードではループトレードにより、手持ちの資金を短時間で何度も投資することが出来ます。トップクラスのデイトレーダーの手にかかれば、相応の資金さえあれば一年で手持ちの額を数倍から数十倍にできるといわれています。トレードの期待値が高ければ、回数が多い方が複利の効果がありますね(逆に期待値がマイナスだと、資金が減るのも早いです)。
・持ち越しのリスクがない
デイトレードではその日のうちに決済を終了させるため、翌日の持ち越しがなければ、海外の相場変動や悪いニュース等に影響されることはなく、オーバーナイトリスクを低く抑える事ができます(逆に好材料が出ても、持ち越しによる恩恵を受けることは出来ません)。
・分散投資
手持ちの資金を細分化して投資し保有するのとは異なる、手持ち資金をループトレードにより何度も投資するデイトレードの方式は、結果的には分散投資という形式になります。それゆえデイトレードは分散投資により投資リスクをある程度限定する事ができますね(一方でデイトレード中にストップロスに失敗すれば、積み上げてきた利益を一回の取引で失う可能性もあります)。
・ 初心者でも入り込みやすい
口座さえ作れば誰でもできるので、初心者でも入り込みやすいです。また値動きの分析であるテクニカル分析だけではなく、ファンダメンタル分析と併用してトレードすることもできます。資金量に応じてスリルや興奮のみを追求した純粋なロッタリーや一種のオンラインカジノとして割り切った楽しみ方も出来ます(逆に初心者にはギャンブル性や依存性が大きいため、その7割が資産の全てを失うとされています)。