株式投資でへそくり



株式投資とは

企業は会社を設立するときなどに、一定の資金が必要になります。その資金というのは通常とても大きい金額なので、なかなか社長一人では調達できません。そこで企業は「株式」を発行して、一般の投資家などに、発行した株式を「一株いくら」という風に買取ってもらい、大きい資金を集ます。そして、会社設立という流れになります。
一方、企業の株式を買取った投資家は「株主」となり、投資した企業が利益をあげどんどん成長していけば、その企業の株の価値は高くなっていきます。つまり、買取った金額以上の価値が出てくるわけです。
価値(価格)が高くなって、もとの株を売却すれば、投資家にとって買取金額と売却金額の差額分だけ利益が生じることになります。ここに株式投資の醍醐味があるわけです。
つまり、将来において株の価値(株価と呼びましょう)があがり・高くなりそうな企業の株を購入して、実際に株価が上昇した時点で、その株を売却して差額の利益を得よう、というのが株式投資の基本であるといえます。
どんな人に向いている?

株式投資の利益の種類

上記で株式投資の基本について説明しましたが、実は株式投資による利益には2つの種類があります。1つは「キャピタルゲイン」で、もう1つは「インカムゲイン」といいます。この名前は、一応覚えておきましょう。
まず「キャピタルゲイン」についてですが、実は上で説明した例がそうです。株を購入し、その株の株価があがったときに、売却して差額分の利益をあげるケースです。これをキャピタルゲインといいます。
そして、もう1つ「インカムゲイン」という名の利益もあります。これは、企業が株主に対して行う「配当」などによる利益があたります。
「配当」とは、企業が自分の会社の株主に対して、『日頃から当社の株主になって資金の提供をしていただきまことにありがとうございます。ついては、感謝の気持ちとしまして当社の株主様に配当金をださせていただきます」というような感じのものだと理解してください。「配当金」は通常、「一株につき20円」とか企業によって異なっており、また「配当金」そのものをださない企業もあります。インカムゲインについて、なんとなくイメージがつきましたでしょうか。
あとは「株主優待」などもインカムゲインの種類に分類されます。

株式投資の始め方

まず、株の売買は証券取引所というところで行われています。証券取引所もいろいろな場所がありまして、東京証券取引所、大阪証券取引所、ジャスダック証券取引所など日本全国に6つの証券取引所があります。また、証券取引所のなかでもいろいろな種類があったりします。一部や二部、マザーズ、ヘラクレスなどがあって、ちょっとややこしいです。
大きさとしては東証の次に大阪証券取引所(大証)、名古屋証券取引所(名証)と続きますが、売買金額の総額のうち実に約90%を東京証券取引所が占めています。東証の規模が圧倒的に大きいと言うことが分かりますね。
東証の後ろに1部、や2部とつくことがありますが、これは野球でいうところの1軍と2軍の違いと理解してください。サッカーの1部リーグと2部リーグの違いと言ったほうが分かりやすいかもしれませんね。業績の選手やチームでないと、1軍や1部にいられないのと同様に、株式市場においても1部と2部は明確な基準によって分かれています。
もちろん、業績が良くなれば2部から1部に格上げになることもあります。この時は株価が一気に跳ね上がりますので、こんな企業に投資するとボロ儲けですね!! 証券取引所の株を売買するには、証券会社に株式投資用の口座をつくる必要があります。自分の口座が開設されて始めて、企業の株の売買ができるようになるのです。
色々な証券会社がありますが、管理人のおすすめはネット証券です。
ネット証券のメリットはなんといっても「手数料が安い」これにかぎります。

株取り引き時間

株は証券取引所が開いている時間のみ売買することが可能です。

東京証券取引所の場合、午前9:00 ~ 11:00、午後12:30 ~ 15:00の間だけ、取引をすることが出来ます。また、午前11:00~午後12:30は昼休みとなるため売買はされません。
午前中(9:00~11:00)の中の取引を前場(ぜんば)、午後(12:30~15:00)の間の取引を後場(ごば)と言います。新聞や雑誌など、投資の情報を取り扱ったものの中では頻出の言葉なのでこの言葉は覚えておくと良いでしょう。
また、1日の一番最初の取引時間のことを寄付(よりつき)、一日の一番最後の取引時間のことを大引け(おおびけ)と言います。
株式市場は通常、寄り付き直後の取引が一番活発です。これは、前日中にあった注文を一気に決済したりするのでそのような傾向があります。
その為、寄り付き直後は株価が激しく上下しやすく、初心者にはあまりお勧めできません。もしできるのであれば、場中で注文を出すようにしましょう。
また、株式市場は土・日・祝日が休場となっており、市場が開いているのは平日のみとなっています。このような理由で、休日明けは株価が大きく変動しやすくなっていることも覚えておきましょう。

決算発表などの前に株を売ったり、買ったりしたい場合は市場の開場日にも注意すると良いでしょう。

※大証・名証・福証・札証は東証・と開場時間が異なります。注意してください。

もっと株を詳しく知りたい人は株式道場までGO!!