J-REITでへそくり



J-REITとは

J-REITとは「日本版不動産投資信託」の略で、不動産投資を扱う金融商品です。
通常、個人が「不動産投資をしよう」と思った場合、投資物件を直接購入し賃貸物件として管理しなければいけないのですが、J-REITの場合はその道の専門家が投資家から資金を集め収益不動産の購入・管理を行なってくれます。
どんな人に向いている?

J-REITのメリット

J-REITのメリットとしては下記があげられます。
①プロが運営してくれる
②毎年安定した分配金をもらえる
③少額で取引できる
④証券取引所に上場しているため信頼性が高い

J-REITは「ミドルリスク・ミドルリターン」

J-REITは株式投資に似ていますが、ビジネスの対象が「賃貸不動産」に限られるため収益性は安定しています。それでもリスクはゼロというわけではないので、J-REITは「ミドルリスク・ミドルリターン」の金融商品だと言われています。
目安の利回りとしては、時期により多少の前後はありますが、3~5%になります。

J-REITの買い方

J-REITは「証券取引所」に上場しているため、証券会社に口座さえ持っていれば、通常の株式と同じようにカンタンにオンライン取引で購入することができます。