リスクの種類



金融商品には様々なリスクがあります。リスクを理解していないと、大きな損失をだしてしまいます。
そうならない為にも、このコンテンツではリスクについて説明していきます。

価格変動リスク

株価の上下によって生じるリスクです。
価格の変動がある金融商品を導入する場合は将来その値段は上がる(または下がる)可能性が高いと判断できるかを十分に検討する必要があります。

金利リスク

金利の上昇によって価格が下がってしまうリスクです。
債券の発行時よりも金利が上昇してしまうと約束している利率の恩恵が下がり価格が下がってしまいますので十分に検討する必要があります。

為替リスク

ドルやユーロなど外貨と日本円とのレートの変動によるリスクです。
日本円が強くなると判断出来るなら国内商品を選択し、その逆ならば外国のものを選択することで利益が出ます。

信用リスク

投資先の国や企業の信用が下がる事で生まれるリスクです。
株では投資した企業が倒産してしまうと投資額が全て無くなってしまいます。

流動性リスク

売りたい時にすぐに買い手がつかないリスクです。
株などでは売りたい時に買い手がつかずに大きく下げたところでしか売れないような場合を言います。
一般には株のストップ安の時がこの状態ですが不動産の場合も同様で買い手が居なければ売れないのと同じです。

手数料・税金

証券会社や金融機関を利用すると少なからず手数料を取られます。
また、獲得した利益についても一定の割合の税金が課せられます。