資産運用とは





資産運用とは

資産運用とは、自己の資産を貯蓄・投資して、効率良く資産を増やしていくことを言います。
つまり貯蓄と投資という2大サービスをうまく使い、資産を増やすことで快適なセカンドライフ(引退後の人生) を送ることが優雅なシニアライフを送るために必要ということです。
現在では団塊の世代が引退した際の資産運用が大きな問題として取り扱われています。
企業側も団塊の 世代が引退することを意識し、多くの資産運用サービスを新たに展開しています。
こうした多くのサービスが企業側から 提供されている中で、自分に合った資産運用サービスをうまく活用し、資産運用を行っていくことが重要です。

投資とは

投資とは、投資信託、株式、商品ファンドなどの商品に投資することを指します。
変動制であり、商品によってはリスクも大きいため、十分な知識と調査を必要とします。
つまり、リスクを 考えつつ、分散投資かつ長期投資で資産を運用することが基本となります。
投資による資産運用の目的 の多くは「貯める」ではなく「増やす」ことにあります。

貯蓄とは

貯蓄とは、みなさんもご存じのとおり、銀行の預金や郵便局の貯金をはじめとする元本保証型の預貯金のことを指します。
リスクが少なく、サービス契約時に将来の資産予測がつくため、比較的契約しやすいサービスですね。
つまり、貯蓄による資産運用の目的の多くは、「増やす」ではなく「貯める」ことにあります。