ネットショップ



ネットショップとは

ネットショッピングとは、インターネットを通じて買い物ができるサービスのことです。
ネットショッピングでは、多くの場合、Webブラウザの画面上で注文を受け付け、宅配業者によって商品を届けるという仕組みを使っています。
決済の方法は多岐にわたり、クレジットカードからの引き落とし、銀行口座への振り込み、コンビニエンスストアの店頭振込みなどのほか、各社が提供している電子マネーが利用可能な場合も増えています。
どんな人に向いている?

ネットショップのメリット

さてネットショップのメリットをふたつの視点から見ていきましょう。ひとつ目は買い手側、つまり消費者の視線でのメリットです。これは人によって様々ですが、この不況の時代には価格が安いということが最大のメリットとする人が多いでしょう。
例えば、自動車保険の見積もりをネットで行えば何%値引きというサービスや、期間限定セールを行うショップなど、実店舗よりも安価で商品を購入できたり、サービスの提供を受けたりすることができます。
わざわざお店に出向かなくても、パソコンで注文して自宅まで配送してもらえるというのも大きなメリットです。
ふたつ目は売り手側、つまり経営者の視点でのメリットです。
実店舗を構えるには立地条件や、売り場面積や、商品ディスプレイのやり方、在庫用の倉庫など数多くのハードルをクリアしなければ、確実な収益にはつながりません。
ネットショップなら商品ラインナップを揃えても、画面の中だけなので大きな売り場も必要ありません。売れ筋商品だけではなく、ニッチな商品(マニアが喜ぶような不人気商品)も売れるので、商品のセレクトにも幅が持てます。また在庫リスクを低く抑えることができるのも特長のひとつです。

ネットショップのデメリット

今度はネットショップのデメリットをふたつの視点から見ていきましょう。
消費者視線でのデメリットから見ていきましょう。最大のデメリットは、商品を実際に手にして吟味することができないということでしょう。
試着や試食、体験サービスなどを受けることができません。商品の画像やその説明文などを頼りに意思決定しなければならないのです。商品の発送トラブルなどもデメリットのひとつになります。返品が可能であっても送る手間などから妥協してしまうユーザも大勢いることでしょう。このようにネットショップ利用におけるデメリットはいくつかあります。
続いて、ショップ経営者の視点でのデメリットです。
商品ディスプレイ、つまり写真の撮り方と加工技術に手間隙をかけなくてはならないということです。顔の見えない相手を購買行動に結びつける為には多大な労力と時間を要します。配送方法や決済方法の選択肢を増やすこともデメリットになります。面倒な各種手続きが増える上に管理がとても大変になってきます。そしてコンピューターの知識が必要となることもデメリットとなります。
このようなデメリットを解消しようと努力を続けるのが、各大手ポータルサイトです。利用者もショップ経営者も安心して売買ができる環境を整えてくれているようです。